Show MenuHide Menu
Featured

クレンジングの種類

2012年10月10日

お肌は敏感肌、乾燥肌、脂っぽい肌というように、人によって肌質はばらばらですので、クレンジング剤もその肌質に応じて選ばなければなりません。
肌質になじまないクレンジング剤を使ってしまうと、逆に肌荒れを招く危険があります。
クレンジングの種類としては、人気の高いオイルクレンジング、ジェルタイプ、乳液状のもの、ジェル状のものなど様々です。
商品ごとに優れている点や劣っている点は異なりますから、なるべく自分の肌質に対応した種類を選ぶ必要があります。
人気のオイルクレンジングを挙げてみると、濃いメイクに効果を発揮しますが、使用する方が乾燥肌だと肌のバリア機能が共に洗い流されてしまいますので使用を控えるようにしましょう。
オイルクレンジングの使い方として、軽くメイクとなじませ、手早く洗い流しこすらないのがポイントです。
乾燥肌であったりアトピーに悩まされている方は、お肌に必要な油分を落としすぎないノンオイルのクレンジング剤がふさわしいと言えます。
肌質が敏感肌の場合、ホホバオイルをはじめとする天然成分が含まれた自然由来のオイルを採用しているクレンジングが向いています。
肌質が乾燥しているところとオイリーなところが見られる混合肌でしたら、それぞれに対応したクレンジングを組み合わせましょう。
高い洗浄力を誇る人気のオイルクレンジングを目元といった厚いメイク部位に使い、刺激が少ないといわれるミルクやジェルなどのクレンジングを全体に使うのも良い方法です。
雑誌などで大人気のクレンジング商品であっても、自分に合うかどうかはわかりません。
自分のお肌のタイプを確認してから、それに合わせたクレンジングを使用することが大切です。
間違いのあるクレンジングで肌に悪影響を及ぼさないようにくれぐれも気を付けましょう。